お笑いタレントのカンニング竹山(52)が27日「X」(旧ツイッター)を更新。26日に行われた競馬の「ジャパンカップ」で圧勝したイクイノックスに言及した。

 竹山はイクイノックスの圧勝劇に「イクイノックスだったら凱旋門賞も獲れんじゃないか」と同馬に対する思いを投稿した。
 
 その上で「私はオルフェーヴルが負けた時ここから向こう10年は難しいだろうと偉そうに言ってたのですが、あれから約10年。イクイノックスだったら獲れるんじゃないかと」と、イクイノックスなら2012、13年と2年連続で凱旋門賞2着と惜敗したオルフェーブルのリベンジを果たすことが可能ではないか、という見方を示した。

一夜明けで阿部助手に甘えるイクイノックス
一夜明けで阿部助手に甘えるイクイノックス

 最後に竹山は「おっさん競馬ファンのただの戯言ではありますが」と追記しているが、同様の思いを持っている競馬ファンは多いだろう。