写真の場面であなたならどうする? 何を切る? 下にある【答え】を読む前にまずは考えてみよう。

 場面はオーラス。南が暗刻になってテンパイだ。

【答え=2索】オーラス3着目の親番でテンパイ。多くの雀士が他者の足止めも狙って、即リーチと判断するだろう。ところがここでグッと堪えるトッププロもいる。二階堂亜樹(風)は対戦者の状況、アガリへの手応えを考慮して、リーチ棒をすぐに出さなかった。「親のリーチは魔法の言葉」とも言われる中で、なぜ一度踏みとどまれたのか。

 亜樹は2索を切ってテンパイは取った。ただリーチはしなかった。最大の理由は「自分の捨て牌の情報が少なく、リーチを打っても押し切られてしまうと思った」から。足止めになるリーチとは、捨て牌にある程度情報が揃ったことで効力を発揮する。逆にヒントがまるでない状況だと、他者は「どうせわからないなら進むしかない」と腹をくくってしまう。カン8萬待ちの感触が薄い中で、どうにもリーチを打つ気にならなかった。

正解は2索切りでリーチせず
正解は2索切りでリーチせず

 今後の発展も考慮した。「7萬や9萬引きでのシャンポン待ちへの変化や、2萬や6萬引きなどの変化から待ちを増やす、あとは赤5萬引きなどでの打点アップ」と、萬子を引いた際の可能性にも期待した。ダマテンのままでも2着目の醍醐大(フ)からアガれば一旦、2着目に浮上できる。ラス目の鈴木大介(B)からアガれば、3着以上は固くなる。一番厄介なのはトップ目の佐々木寿人(格)に真っすぐ、アガリに向かわれるケースだ。さらに「大介選手からリーチが入った場合、最悪オリも視野に入れていました」と、無理に前に出てのラス落ちだけは絶対に避けるつもりでいた。

 冷静、そして慎重に進めた結果は、全て成功につながった。4巡後に2萬を引き6・7萬待ちでリーチ、さらに4巡後に7萬をツモって2600は2700オールのアガリ。その後もアガり続けた亜樹は、3万点以上の差をひっくり返す大逆転劇を演じるのだった。

最後はこの形でツモ
最後はこの形でツモ