有吉弘行が19日、JFN系ラジオ「SUNDAY NIGHT DREAMER」に出演。ギタリストの布袋寅泰からメッセージが来た件の後日談を語った。

 発端は有吉が「ギター弾きたい」と「X」(旧ツイッター)にポストしたことから。ただ「この衝動100回超えてましたので却下することにしました」(原文ママ)とも投稿し、ギターへの挑戦は見送ったとしていた。

 しかし、この投稿に布袋が「そう言わず是非。」と反応したのだ。このメッセージに有吉が「ちょっと、ちょっと、ちょっと、ちょっと、ちょっとです!」と大興奮。このやり取りは「X」でも話題となり、ネットメディアでも報道された。

 この日のラジオで有吉は「絶対ニセモンだと思うじゃん。どうも本物でさ」とこの件を振り返ると、「『すいません、またギター店にでも見に行きます』つって返して何となく収めようとしたの、場を。そしたら『付き合いますよ』って、布袋さんが(苦笑)。ぜいたくよ。ギターの神様みたいな人じゃない。『付き合いますよ』って、目立つぞ~(笑い)。どうしようと思ってさ…」と事がだんだん大きくなっていると明かした。

 布袋からは「テレキャスター」というタイプを勧められたそうで「俺『テレキャスター、メモしました。ありがとうございました』で終わらせてんだけど。だって緊張するじゃない。今そういう状況」と苦笑い。

「ぜいたく」「光栄」「神さま」などと言葉を並べるものの、布袋の〝グイグイ〟ぶりにどうやら尻込みしている様子の有吉は「どこでどういう? 布袋さんもどこでどうさ、俺が…? 『ギター』でエゴサーチしてんのかな? 『ギターの悪口言ってるな、あいつは』とか『ギター欲しがってる人がいるな』とかさ。たまたま引っかかっちゃってさ」とSNSで出会ってしまった理由を詮索。

 続けて「来年ぐらいになってさ、春先ぐらいにさ布袋さんから『で、ギター買った?』って言われて『いや…』って言ったら、『え?』『なになに、それは?』みたいになるじゃん。うれしいけどさ、緊張するじゃない。だから、うかつなこと言っちゃいけないなって」と本音をこぼした。

 さらに「大谷翔平が犬連れてたじゃない。あれで『大谷の犬かわいいな』とか言わないようにしようと思って。それで大谷が『あ、付き合いますよ』って。『え?』みたいな。『僕、コーイケルホンディエ(大谷の愛犬の犬種)買いに行くの付き合いますよ』とか言われたらさ、コーイケルホンディエ飼うことになっちゃうかもしれないじゃない。軽はずみなこと言っちゃダメだな」と〝被害妄想〟的な発言も出ていた。