ジャニーズ性加害問題当事者の会の副代表・石丸志門氏が17日、ネット上の誹謗中傷の被害について、警察署に相談したことを明かした。

 石丸氏は、旧ジャニーズ事務所(SMILE―UP.)の創業者・故ジャニー喜多川氏による性被害について告発し、会のメンバーとして活動。直後から誹謗中傷が寄せられるようになったという。

 今回警察に相談した被害件数は78件。石丸氏は「これから警察と詳しい文言、何罪にあたるのか精査していく」「まずは被害届。強い態度で臨み、刑事告訴も含めて検討しています」と話した。

 誹謗中傷の内容については「私のプライベートな、今置かれている境遇について『虚偽ではないか』といった書き込みが多くみられた」と明かした。

 石丸氏といえば、金髪にオールバックの髪形がトレードマークだ。なかなかインパクトがあるが、その意図について「当事者の会の知名度を上げ、(世間に)活動を認識してもらうことだった」。ところが「金髪、オールバックに対しての誹謗中傷もありました…」とポツリ。すでにジャニーズ側から謝罪されたこともあり「会としては裏方として支えるフェーズに入ってきた」とし、「金髪はもうこれで終わりにします」と伝えた。

 同会では、代表・平本淳也氏が今年10月に神奈川県警に告訴状を提出。発起人・二本樹顕理氏も今月3日に大阪府警に被害届を提出している。

 それでも誹謗中傷はやむことがない。今年10月には会のメンバーの40代の男性が急死したことが明らかになったばかりだ。

 石丸氏は「(性加害問題と)誹謗中傷は同時に解決していかなければならない問題だと認識している」と声を大にしていた。