プロボクシングの帝拳プロモーションは28日、WBA世界バンタム級王者・井上拓真(27=大橋)の負傷により、11月15日に予定していたダブル世界戦(東京・両国国技館)を延期すると発表した。

 拓真は同級6位ジェルウィン・アンカハス(31=フィリピン)との初防衛戦を戦う予定だったが、26日のスパーリング中に第10、11肋骨を骨折。約4週間の加療を要すると診断され、予定通りの開催ができなくなった。

 無念の延期となった拓真は、自身の「X」(旧ツイッター)で「僕の練習中の怪我により11月15日の興行が延期になりました。楽しみに待っていただいていたボクシングファンの皆様、アンカハス陣営、同じ興行に出場予定だった選手、そして関係者の皆様、大変申し訳ございません。今はまず怪我の回復に努めたいと思います」と謝罪した。

 拓真の負傷でWBA世界フライ級1位・ユーリ阿久井政悟(28=倉敷守安)の試合などすべての試合が延期となり、日程を再調整する。チケットの払い戻しは、ローソンチケットにて受け付けるという。