創業者のジャニー喜多川氏の性加害問題で揺れるジャニーズ事務所は今後、新会社を立ち上げ、タレントやグループとエージェント契約を結ぶ予定だ。ただいまだハッキリとした形は見えず、〝退所ドミノ〟が起きるとまで言われている。そんな状況下、「Hey!Say!JUMP」の山田涼介(30)のブログが波紋を呼んでいる。

 ジャニーズ事務所の東山紀之社長が10月2日の会見で新会社の立ち上げを発表した直後、元「V6」岡田准一の11月末退所が発表された。

「木村拓哉こそエージェント契約を結ぶ方向ですが、岡田のように1人で動ける役者にとってジャニーズにいることは足かせになるし、エージェント契約を結ばないタレントもまだまだ出ると言われています。誰が出ていってもおかしくない状況です」(芸能関係者)

前列左から山田涼介、有岡大貴、知念侑李、伊野尾慧、(後列左から)中島裕翔、高木雄也、八乙女光、薮宏太
前列左から山田涼介、有岡大貴、知念侑李、伊野尾慧、(後列左から)中島裕翔、高木雄也、八乙女光、薮宏太

 そんな中、「Hey!Say!JUMP」のファンがザワついている。キッカケは山田涼介がファン限定ブログでつづった文面だ。「『皆がそれぞれ明るい未来に進めるようにメンバー全員でしっかりと話し合いを重ねていきたい』と書いたことで、騒然となりました。まるでグループのメンバーがバラバラになるかのような『それぞれ』という言葉に引っかかりを覚えるファンも少なくなかったのです」(同)

 グループいちの人気を誇る山田はかねて独立説がささやかれていただけに、「それぞれ」という言葉が波紋を呼ぶのも無理はない。

 さらに他のメンバーにも異変がウワサされている「中島裕翔です。このタイミングでジャニーズを離れるのでは、という話が出ている」(テレビ関係者)

 中島はフジテレビ系ドラマ「SUITS/スーツ」で主演の織田裕二とバディを組み、人気者となった。2月公開の主演映画「#マンホール」はベルリン映画祭に正式招待され、好評だった。

「山田頼りになっているJUMPをさらにパワーアップさせるため、中島を役者として猛プッシュしていました。そのかいあり、中島の役者としての評価は高まっていた」(同)

 中島は事務所の期待に応え、同時に役者志向もどんどん強くなっていった。「役者一本でやっていくのならばグループに属している必要はありません。そういう事情から中島脱退説が出ているのです」(同)

 山田のブログが発端となり、JUMP、特に山田と中島の動向が注目されている。