アメリカ政治が専門の前嶋和弘・上智大学教授が25日、ABCテレビ「教えて!ニュースライブ 正義のミカタ」に出演。侍ジャパンの優勝で幕を閉じたWBCのアメリカでの反響について解説した。

 MCの東野幸治が「アメリカは盛り上がってるんですか? そうじゃなくてメジャーリーグの開幕を待ってるんですか」と質問すると、前嶋氏は「後者です」と即答。続けて「これだけ盛り上がってて面白くて、私自身も見ておりましたが、アメリカの中では誰も知らない。残念ながら」と現状を語った。

 東野が「野球マニアの人が球場には来るけど、全国的には注目してない?」と聞くと、前嶋氏は「見た方は650万人いた。これは大きいわけですが、例えばアメフトのスーパーボウルって1億世帯、つまり2億人ぐらい見てるわけです。それに比べるとやっぱり(少ない)」と数字を用いて説明。

 さらに「アメリカって野球というのは、ボルチモアだったらオリオールズとか、ワシントンだったらナショナルズとか、その地元のチームの応援で、オールスターとワールドシリーズ以外は地元の話なんです」と野球文化の違いを指摘した。

 その上で「もう一つ言えることは、実はそれはもうわかっていたことなんです、アメリカだって」と付け加え「これだけ日本も台湾も、いろんな国が見てて野球が世界に広がった。これがポイントなんですね。これは間違いなく大成功なんです。アメリカにとってみても」とその功績を評価した。