北京五輪のフィギュアスケート男子フリー(10日、首都体育館)、94年ぶりの3連覇がかかる羽生結弦(27=ANA)が公式練習で本番前の最終調整に臨んだ。

 人類初のクワッドアクセル(4回転半ジャンプ)の成功に注目が集まる中、この日は3回転半を着氷する場面があったが、4回転半は一度も挑戦しなかった。

 一発勝負で決めるべく、羽生はリンクを滑りながら自身の状態を確認。ただ、曲かけの前に練習を切り上げ、本人不在の中で「天と地と」が場内に流れた。

 8日のショートプログラム(SP)は8位と出遅れた。また、前日の練習で右足を気にするしぐさを見せていたのが気がかりだが、本番は目前。唯一無二の演技を披露できるか。