ソフトバンク・栗原陵矢捕手(25)が15日、ペイペイドームで契約更改交渉に臨み、3600万円アップの年俸8000万円でサインした。7年目の今季は初の全試合出場。打率2割7分5厘、21本塁打、77打点と主要打撃部門すべてでキャリアハイをマークした。東京五輪では日本代表として金メダル獲得に貢献。4・4倍増だった昨オフに続く大幅昇給となった。

 この冬ファンの間で大きな話題を呼んだ金髪スタイルを一時封印して臨んだ会見では、主力としての責任感をにじませた。「評価できるのは全試合出ることができたことだけ」と殊勝に今季を振り返り、来季に向けて「打率は3割2分(が目標)。すべてにおいてキャリアハイの数字を出したい」と意気込んだ。

 来季からは「外野手」登録となり、藤本監督からは左翼レギュラーに指名されている。オフは例年通り中村晃の自主トレへの参加を志願。師匠から「1人でやれよ」と独り立ちを促されたが「しつこくお願いして」了承を得た。「同じことを永遠に繰り返す力だったり、やり続けた先にしかないものがある」と、一流の神髄をつかみつつある男は目をぎらつかせた。

「ベストナイン、ゴールデングラブが欲しい」と即答した栗原。ホップ、ステップ、ジャンプ――。大きな可能性を秘める25歳は大ジャンプが期待される来季も、青写真通りの活躍で三たびバラ色の契約更改を迎えるつもりだ。

(金額は推定)