清野菜名が芸能生活10年 週5でバイトしたことも「でも続けてよかった」

2018年02月21日 16時12分

清野菜名

 女優・清野菜名(23)が21日、都内で行われた「第10回『日本ブルーレイ大賞』授賞式」に、アンバサダーとして出席した。

 グランプリには新海誠監督の映画「君の名は。」が選ばれた。日本アニメの水準の高さや、画質や内容のレベルの高さなどで、全ての年代に支持されたことが受賞理由だ。ブルーレイにかけて青い衣装で登壇した清野も「(「君の名は。」は)DVDで見ました。何度も心の中で名前を叫んでしまいました!」と作品に感動したようだ。

「日本ブルーレイ大賞」と同じく、2007年からティーン向けファッション雑誌で専属モデルとして活動している清野も、今年で芸能活動10年。「気づいたら約10年たっていた。苦労や悲しいこと、なかなか人生ってうまくいかないなぁと思った」と振り返った。

 苦労も多かったようだが「友達Aとか、名前のない役のオーディションをたくさん受けても、なかなか受からない日もあって、週5でバイトもしたりした。でも続けてよかったです」と笑顔を見せた。