メインの東芝撤退でサザエさん激変か 磯野家新築!車購入!通販も…

2018年02月21日 11時00分

サザエさんのライフスタイルは変わるのか

 凋落するフジテレビにあって、約48年間放送されている国民的アニメ「サザエさん」(日曜午後6時30分)が大変革を迫られている。放送開始からのスポンサーで、うち29年は単独で番組を提供した東芝が3月いっぱいで降りる。すでに新スポンサーも決まっており、演出に大きな影響が出そうだとささやかれているのだ。

 東芝は1969年の放送開始から98年まで1社で番組を提供していた。スポンサー降板が発表されたのは昨秋のこと。

「東芝に対しフジは、代理店を通じて継続をお願いしたようです。ところが、東芝はスポンサーどころではない状況です。原子力事業の大赤字や粉飾決算などが響いて、事業売却やリストラが進行している。一部の役員や社員からは『東芝のプライドをかけてスポンサーを続けた方がいい』との声もあったが結局、降板を決めたんです」(広告代理店関係者)

 東芝の代わりに、現在サブの日産自動車がメインとなる。サブとしてアマゾン、西松屋、大和ハウス工業が新たに決定済み。日産とともに現在サブのアース製薬や日清食品、味の素、花王、JAバンク、宝くじの継続は明らかになっていない。いずれにせよ、注目されるのがスポンサーに配慮した番組展開の有無だ。

「東芝が(単独)スポンサーだった時は、テレビや冷蔵庫、洗濯機や掃除機など、家電だけは東芝の最新商品が『サザエさん』に登場したんです。視聴者の購買意識を刺激したことは間違いありません」(同関係者)

 そうなると今後、「サザエさん」にはスポンサーを意識した新たなライフスタイルが登場する可能性が高い。

「まず磯野家(サザエさん一家)が車を買う可能性が出てくる。家を新築したりリフォームすることもある。極め付きはアマゾンでしょう。宅配便でアマゾン配送の商品が届くなどのシーンも必要になる。今まではなかったけど、スマホで注文するシーンも出てくるのでは」(同関係者)

 アマゾンなど3社が新スポンサーに決まったことが1月末に各メディアで報じられると、ネット上では「サブちゃんはどうなる?」との反応が相次いだ。磯野家の酒類購入もアマゾン経由の通販となれば、「三河屋」のサブちゃんも得意先を失ってしまうとの心配からだとみられる。

 昔から「サザエさん」を見ていた視聴者にとっては衝撃の展開が訪れるかもしれない!?