羽生・金&宇野・銀「フィギュア男子フリー」視聴率は33・9%

2018年02月19日 11時46分

金メダルに輝いた羽生

 17日にNHK総合で生中継された平昌五輪のフィギュアスケート男子フリーの平均視聴率が33・9%を記録したことが19日、分かった。日本勢は羽生結弦(23=ANA)が金メダルに輝き、宇野昌磨(20=トヨタ自動車)も銀メダルを獲得した。

 16日のショートプログラムで、2位に4ポイント以上の差をつける111・68点でトップに立った羽生。66年ぶりの五輪連覇が期待されるとあって、注目度は今大会最高潮に達した。放送時間などの条件は違うものの、「開会式」の28・5%を大きく上回る数字をマーク。また、瞬間最高視聴率は46・0%を記録し、関心の高さを示した。

 なお、前回ソチ五輪のフィギュアスケート男子フリープログラムの平均視聴率は、16・6%(2014年の2月14日深夜から15日未明)だった。

(数字は関東地区、ビデオリサーチ調べ)