米スーパーモデルがグラビア撮影中に海に転落

2018年02月18日 16時30分

写真撮影中に災難に遭ったアプトン(インスタグラムから=@kateupton)

 米巨乳スーパーモデルのケイト・アプトン(25)が、手ブラでセクシーな写真を撮影中に海に転落する事故に遭った。当時の様子を撮影した動画がインスタグラムに投稿されて注目を集めている。米紙ニューヨーク・ポスト(電子版)が報じた。

 西インド諸島のベネズエラ北西沖に浮かぶ島・アルバで、米誌「スポーツ・イラストレイテッド」の水着写真を撮影していた時だった。浜辺の大きな岩の上に乗ったアプトンが、チュールレースのスカートにトップレス姿になり、手ブラでセクシーショットを撮影していると、思いがけず大きな波が岩に打ち寄せた。大波をもろにかぶったアプトンはそのまま岩から転落。美巨乳が丸見えになるハプニングがあった。幸い転落したのは浅瀬だったため、大事には至らなかったが、なんとも危険な撮影となった。

 その様子を撮影した動画を「スポーツ・イラストレイテッド」がインスタグラムに投稿した。

「私の視界からは大きな波がくるのは見えなかったの。身につけていたチュールのスカートが海水をかぶって重くなり、私を岩の上から引きずりおろしたのよ。みんなとても怖がっていたわ」とアプトン。この時撮影されたセクシー過ぎる水着写真や手ブラ写真は近く発売される「スポーツ・イラストレイテッド」の2018年水着特集号に掲載されるという。

 アプトンといえば先日、有名ウィメンズブランド「ゲス」(GUESS)の創業者ポール・マルシアーノ氏のセクハラを非難して波紋を広げたばかりだ。「業界でのパワーを利用して女性にセクハラを働くのは許されるべきではない」などと強烈なツイートをしたほか、マルシアーノ氏から「胸をつかまれ太った豚といわれた」などと告発して“強い女”を見せつけたが、海の大波には勝てなかったようだ。