SKE松井珠理奈 初の冠番組が名古屋で好視聴率

2018年02月16日 15時53分

冠番組が好調な松井珠理奈

 SKE48の松井珠理奈(20)が地元・名古屋で貫禄を見せつけた。中京テレビで放送された初の冠特番「松井珠理奈のインスタ映え 100枚チャレンジ旅」(10日深夜24時55分~)が深夜帯で視聴率3・4%と同時間帯民放1位を記録。好視聴率を受け、早くも続編の制作が検討されているという。

 同番組は1泊2日の韓国弾丸旅行中に松井が自身のインスタグラムに“インスタ映え写真”100枚をあげていこうというチャレンジ企画。もともとは中京テレビのインターネット動画配信サービス「Chuun(チューン)」のコンテンツとして公開されていたもので、総集編として地上波で放送したところ、予想以上に大きな反響があった。

「この枠の平均視聴率は2%台後半なのですが、それを大きく上回ることができました。松井さんのネームバリューと“インスタ映え写真を2日で100枚アップする”というキャッチーな企画によってSNS上でも話題になり、内容的にも高い評価をいただきました」(中京テレビ・工藤祐馬プロデューサー)

 また、番組のナレーションは江籠裕奈(17)、小畑優奈(16)、後藤楽々(17)、菅原茉椰(18)のSKE若手メンバーが担当。韓国でのロケとは別に、名古屋市内で撮影された松井、江籠、小畑、菅原の4人による「萌えゼリフ」なども放送され「ナレーションは決して上手ではないのですが、それぞれ味というか、個性がありました。なによりみんなの楽しそうな雰囲気が伝わってきたのがよかったです」(工藤プロデューサー)と、若手メンバーの魅力を引き出すことにもつながった。

 番組では1泊2日の韓国旅行中にインスタ映え写真100枚をアップすることはできなかった。チャレンジ自体は失敗に終わっただけに「リベンジもあるかもしれませんね」と工藤プロデューサーは続編制作の可能性を示唆した。

「私自身が地元名古屋の番組に出られることもありがたいですし、これからSKEを盛り上げてくれるであろう若いメンバーがナレーションなどいろんなことに挑戦できてアピールできるのもすごくうれしいです」と語る松井にとって、初の冠番組は最高の結果となったようだ。

※視聴率は、名古屋地区、ビデオリサーチ調べ