“車内不倫”フジ秋元優里アナ 前倒し人事で4月に総務部異動か

2018年02月16日 11時00分

異動が確実とみられる秋元優里アナ

 朝日新聞をテロップで「新日新聞」とやらかし、話題になっているフジテレビが、例年6月末に行っている人事異動を4月に前倒しすることが分かった。その狙いは「役立たず社員や不祥事を起こした問題社員を一掃するため」とみられている。気になるのは“竹林不倫疑惑”で現在、番組出演をすべて見合わせている秋元優里アナウンサー(34)。アナウンス室からの異動は鉄板だが、新しい部署は一体どこになるのか――。

 フジテレビがまたやらかした。13日の「めざましテレビ」で朝日新聞の公式ツイッターで誤字があったことを報じた際、画面下のテロップで「新日新聞『単純な打ち間違い』」と新たな誤字を発生させた。他メディアの誤字を誤字で報じる、これ以上ない恥ずかしすぎる醜態…。本紙既報通り“末期症状感”は否めない。

 長すぎる不振からの脱出と経費節減のため、今年4月の番組改編で長寿番組の「とんねるずのみなさんのおかげでした」をはじめ、「めちゃ×2イケてるッ!」「おじゃMAP!!」など看板番組の打ち切りを決めた。

 昨年6月、亀山千広氏から宮内正喜社長にバトンタッチ。宮内社長は「業績を回復する一点に絞る」と明言してきた。

「業績回復には何よりも視聴率アップが大事。そのためには、低視聴率にあえぐ番組は打ち切らなきゃならない。『みなさん――』や『めちゃイケ』などは、長年にわたってフジに貢献してくれた番組だから、なかなか打ち切ることができなかった。でも“業績回復”を第一とする宮内社長が英断を下したということです」(芸能プロ関係者)

 まさに“聖域なき改革”を断行する覚悟のようだが、この姿勢は番組だけでなく、今後は社員にも向かうのは明白だ。

「社員の人事異動は例年、6月に行われる役員人事、局長人事が終わってから行われてきたが、今年は4月に前倒しして行われることが決まったんです。この狙いについて社内では『仕事ができなくて役に立たない社員や不祥事を起こした問題社員を一掃するため』と言われている。心当たりのある社員は戦々恐々ですよ」(フジ関係者)

 視聴率低迷に伴い、売り上げも大幅減となっているフジでは最近、経費節減も大きな課題となっている。「そのせいでミスが連発している」と社員が嘆いているが、早期退職者を募るなどリストラを準備しているとも。

「4月の異動で、役に立たない社員を一掃しようということ。もちろんクビにはできないが、閑職や関連会社へ出向させたりするのではないか?と言われている」(同)

 そこで確実視されているのが、秋元アナの異動だ。秋元アナは年明け早々、自らがキャスターを務めてきたBSフジ「プライムニュース」の40代妻子持ちプロデューサーとの“ダブル不倫密会”を「週刊文春」に報じられた。年末年始、2人は神奈川県内の竹林や堆肥小屋などに止めた車中で密会していたという。

 しかも秋元アナとこのプロデューサーの不倫が報じられたのはこれが2度目。16年11月に夫の生田竜聖アナとの別居が報じられた際、このプロデューサーとの不倫が原因とされたが、その時は秋元アナがレギュラー出演する「ワイドナショー」で「全然、やましいことはないです」と否定していたが、ウソがバレた形となった。

「結局、1年以上も不倫関係を続けていたわけで、社内ではもう、かばう声もなくなった。夫も局アナだし、もうアナウンス室には置いておけない。4月の異動で間違いなく動かされるでしょう」(別のフジ関係者)

 気になる異動先はどこになるのか?

「異動した女子アナでは、春日由実が広報に行ったが、さすがに新聞や雑誌の記者と直接触れ合う広報に秋元を行かせるわけにはいかない。細貝沙羅は人事部だけど、秋元に人事を決められたら他の社員は嫌がるのでは(笑い)」(同)

 最有力とみられるのは総務部だ。

「外部と接触することはほとんどない部だからね。口の悪い社員の中には『いっそのこと不倫したプロデューサーも一緒の職場にして、退職を促すのでは』なんて言ってますよ」(同)

 異例とも言える人事異動の前倒しだが、果たしてうまくいくのか?