SKE48須田亜香里 6・16総選挙で“珠理奈超え”の野望

2018年02月15日 16時30分

中京スポーツ50周年アンバサダーに就任したSKE48の3人。左から須田、小畑、松村

 SKE48の小畑優奈(16)、須田亜香里(26)、松村香織(28)が14日、中京スポーツ(東京スポーツ中部版・名古屋市北区)50周年記念アンバサダーに就任した。中京スポーツで行われた就任会見で「名古屋を、中部地方を盛り上げていきたい」と3人は気合十分。中でも「アンバサダーとしての目標は、中京スポーツ(東スポ)の1面に載ること」と言う須田は、AKB48選抜総選挙でSKEのエース・松井珠理奈(20)超えの野望を語った。

「ライブがどんどん続いているので、この調子で目標としているナゴヤドームに立てたらいいなと思っています」(小畑)「競馬予想で、いつか100万円を超える帯封馬券を当てたいです」(松村)

 名古屋のテレビ局、新聞社の関係者も出席して行われた就任会見の席上でSKE10周年やアンバサダーとしての抱負をそれぞれ語ったが、須田の目標は本紙1面ジャックだった。

「SKEでは今まで3人、中京スポーツの1面に載った経験のある方がいまして…。松井珠理奈さん、松井玲奈さん(卒業)、そして(本紙で競馬コラムを連載中の)松村さん。私も1面に載れるような頑張りをすることで、SKE48や地元に貢献していけたらいいと思います」と、グループ4人目の1面メンバーを目指している。

 そんな須田が1面ゲットの絶好の機会として考えているのが、48グループ最大のイベントであるAKB48選抜総選挙だ。河村たかし名古屋市長(69)が誘致に前向きなことをツイッターで何度もつぶやいていることもあって、6月16日に行われる今年の選抜総選挙は、地元・名古屋での開催説もささやかれている。

 一昨年は7位、昨年は6位と2年連続“神7”の須田は「(中京スポーツから)“総選挙で1位になったら1面もあるかもね”と言われました。もし地元でSKEの活躍をお見せできるきっかけがあるとしたら本当にうれしいですし、それこそ1位を狙っていくしかないなと思っています」と、今年は48グループの頂点を本気で取りにいくつもりだ。

 そんな須田にとって最大の壁となりそうなのは、SKEの絶対的エースで昨年3位の珠理奈だろう。珠理奈はこれまで、48グループの後輩に総選挙の順位で抜かれたことは一度もない。それでも須田は「大先輩の松井珠理奈さんも『1位を狙う』とおっしゃってるんですけど、だからこそワンツーで私は2位でいいというのではなく、(順位を)張り合えることになれば盛り上がると思う。“1位を目指すと言ってくれてありがとう”と珠理奈さんなら言ってくれると思っているので、一緒に頑張れたらいいなと思っています」と、臆することなく“珠理奈超え”に挑む決意を明らかにした。

 23日には地元・名古屋で「豆腐プロレス The REAL 2018 WIP QUEENDOM in 愛知県体育館」が行われ、須田はメインのタッグマッチで珠理奈と激突する。

 須田は「メインマッチで相手方には松井珠理奈さんがいるので、互角に勝負できたら名古屋がどれほど盛り上がるかとイメージするたびにワクワクします」とヤル気満々。プロレスでも総選挙でも“須田VS珠理奈”の抗争がヒートアップしていけば、名古屋が盛り上がるのは間違いなさそうだ。