爆弾発言の元NMB須藤凜々花 “師”矢口真里と暴走タッグ結成か

2018年02月11日 16時30分

須藤凛々花

 元NMB48の須藤凜々花(21)が10日、都内で行われた即興コント舞台「THE EMPTY STAGE 2018 WINTER」(25日まで)の初日公演後、報道陣の取材に応じた。

 この舞台は即興ワンマントークショーと即興コントショーの2部構成。この日はまだ須藤は出演しておらず、12日が初日となる。

 台本なしの即興舞台を間近に控え、須藤は「テレビで言っちゃいけないこととかラジオで言っちゃいけないことが言えるなんて、こんなステキな場所はない。即興で言ったことがカットされちゃうので、無編集でいけるのがうれしい。濡れ場が出ちゃうかも!」などと爆弾発言を連発した。

 須藤は昨年6月のAKB48選抜総選挙で交際中の男性との結婚を電撃発表。その後に今年4月に結婚することを表明した。報道陣から「残り2か月だが…」と聞かれると、「何日にするかはまだ決めていない」。結納もまだだが「新居探しはしています」と明かした。

 昨年12月に高卒認定試験に合格し、現在は大学受験の真っただ中。「この間、舞台の稽古の日に受験してきました」。ただ「手応えはないです。でも浪人してもいいと、練習のつもりで受けてきました。何度でも挑戦したい。この舞台で合否を発表します!」とぶっちゃけた。

 爆弾発言を連発する須藤が慕っているのが、元モーニング娘。の矢口真里(35)だという。

「矢口は小栗旬との恋愛スキャンダルでモー娘を卒業。結婚後も不倫騒動で芸能活動を自粛した。“暴走キャラ”の須藤と矢口は共通点が多い。世間から“嫌われ役”としてつらい思いをしたのも一緒。ネットテレビ番組で共演した時は須藤自ら“ポスト矢口”を自称し、矢口も公認した。すでに息ピッタリでしたね」(テレビ局関係者)

 4月の結婚を明かした須藤に対し、矢口も先日、年内再婚の可能性を示唆。今年は“新旧暴走キャラコンビ”がワイドショーを沸かせそうだ。