のん 小3時のバレンタインデー思い出告白「いま思うとどうかなと」

2018年02月10日 15時31分

のん

 女優・のん(24)が10日、千葉・幕張メッセ国際展示場で行われた「闘会議2018」のKONAMI「クイズマジックアカデミー ロストファンタリウム」配信記念イベントに登場した。

 のんはこの作品でゲーム声優に初挑戦。「今までやってきた仕事の中で、一番難しいかもしれない。やり直ししたい」と、慣れない仕事に戸惑いも多かったようだ。

 実際にこのゲームをプレーしているといい「昨日からこのゲームをやってて、自分の声を聞いて照れたりしながら、クイズに答えてます」という。

 バレンタインデーの思い出を問われると「小学校3年生の時に、人生で一回きりなんですけど、好きな男の子にチョコレートを渡したのが思い出深いです。溶かして型に流し込んだものです」と明かしたが、実はこれが「ちょっと、いま思うとどうかなと思う」という“ワケあり”の話なのだという。

「友達はみんな好きな子がいたけど、私はその時好きな人がいなかった。好きな人を教えないとハブられちゃうので、その子が好きと言って仲間に入れてもらった」と、いわば“間に合わせ”の相手だった。

 しかしその後「好きと言ってたら、その気になって本当に好きになってました。不思議な感じでしたね」と甘酸っぱい思い出を明かした。