テイラーショック “軍団員”が怨敵ケイティに寝返った

2018年02月10日 16時30分

“寝返った”とウワサされるカーリー・クロス(ロイター)

 米歌手テイラー・スウィフト(28)とケイティ・ペリー(33)の確執をめぐり、これまで“テイラー軍団”の主要メンバーだった米スーパーモデル、カーリー・クロス(25)が「どうやらケイティ側に寝返った」とウワサになっている。

 米芸能サイト「TMZ」は、カーリーがケイティらと7日、ロサンゼルスのすし店で食事した後、出てくるところを激写。カーリーといえば2015年、テイラーがケイティをディスった曲「バッド・ブラッド」のミュージックビデオ(MV)に“軍団員”として出演するなど、互いに“BFF”(永遠の親友)と呼び合った仲だった。

 それが同年を境にテイラーと行動をともにする姿は目撃されておらず「距離を置きだしたのか」との声もあった。

 そんなカーリーの態度が決定的になったのは今年の初め、ツイッターにある動画を投稿したことだった。これはカーリーがモデルを務めた米ファッション誌「LOVE」のカレンダーをプロモーションするためのもので、カーリーがバスケットボールをドリブルするイメージ動画。その投稿にカーリーは「Swish swish」とメッセージをつけたのだ。

 swish(スウィッシュ)とは、バスケでシュートがリングに触れずにネットだけを通過する時に空気を切る“ヒュッ”という音を指す。だが、実は「Swish Swish」というのは、「バッド・ブラッド」で散々悪口を浴びせられたケイティが昨年リリースした、テイラーを小バカにした曲のタイトルだったのだ。

 カーリーのこの投稿にはテイラーのアンチらが大絶賛。返信にはテイラーが嫌な顔をする画像などが張られるなど大いに盛り上がった。

 一方、米芸能サイト「E!ニュース」は、カーリーが心変わりしたのは、テイラーが昨年11月に発表した新曲「Look What You Made Me Do」のMVに登場した、“軍団員”の名前がプリントされたTシャツにカーリーの名前がなかったことが引き金になったのでは、と伝えている。どこの世界も女性同士の関係は面倒くさい?