スーパーモデルがトランプ大統領を告発「誘惑された」

2018年02月11日 11時00分

トランプ大統領を告発したクリスティ(インスタグラムから=@christiebrinkley)

 ハリウッドで女優らが相次いでセクハラ被害を告発するなか、今度は米スーパーモデルのクリスティ・ブリンクリー(64)がトランプ米大統領に誘惑されたと告発して波紋が広がっている。米紙ニューヨーク・デーリー・ニューズ(電子版)が報じた。

 クリスティは1970年代からスーパーモデルとして活躍し、79年から81年まで3年連続で米誌「スポーツ・イラストレイテッド」の水着特集号の表紙に起用された。「アメリカの恋人」といわれ、60歳を超えた今も現役で昨年の「スポーツ・イラストレイテッド」の水着特集号で年齢を感じさせないスリムなスーパーボディーで表紙を飾って話題を呼んだ。

 そのクリスティが83年ごろにトランプ氏からプライベートジェット機に一緒に乗ってスキーリゾート地のコロラド州アスペンに行こうと誘われたそうだ。そのときトランプ氏は最初の妻のイヴァナさん(68)と結婚していたというから“不倫”しようとしていたことになる。

 トランプ氏から直接電話があり「あなたがアスペンに行くと聞いた。私のプライベートジェット機を使ってくれ」と言ってきた。しかし、クリスティは85年に結婚(94年に離婚)した歌手のビリー・ジョエル(68)と交際中で「ありがとう。でもフライトの切符は取ってあるから」と断った。すると、トランプ氏は「キャンセルすればいい」と強引に口説いてきたので「友人と一緒に行くのでごめんなさい」ときっぱり断った。

「彼が結婚していることも知っていました。それなのにプライベートジェット機に乗ろうと誘ってきた。下心が見え見えでした」とクリスティ。「独り善がりで横柄な男」だと感じたそうだ。

 トランプ氏はイヴァナさんと92年に離婚。93年に女優のマーラ・メープルズ(54)と再婚して99年に離婚。2005年に現在の夫人で元モデルのメラニアさん(47)と3度目の結婚をした。

 トランプ氏といえば、ポルノ女優ストーミー・ダニエルズ(38)と06年に親密関係になった疑惑が取り沙汰されたばかり。大統領とダニエルズは即座に否定したが、疑惑はくすぶり続けている。そして今度はクリスティに対する強引な誘惑疑惑――。女性がらみのお騒がせが続いている。