アインシュタイン稲田 104万円かけ増毛中も「今残ってるのは200本くらい」

2018年02月08日 13時29分

ブロック分け抽選会に登場した「アインシュタイン」

 お笑いコンビ「アインシュタイン」(稲田直樹=33、河井ゆずる=37)らが8日、大阪市のNHK大阪放送局で、結成10年以内の若手芸人で争われる「第48回 NHK上方漫才コンテスト」(3月2日午後7時30分~、NHK総合=関西ローカル)のブロック分け抽選会に出席した。

 しゃくれたアゴと後退気味の毛髪で、見た目のインパクト抜群の稲田は、よしもと漫才劇場メンバーの「ブサイク芸人ランキング」で2連覇を達成した。現在、104万円をかけて増毛中だそうで「見た目も王者にふさわしいものにしたい。ライオンのたてがみのようなフサフサの髪で優勝を狙いたい」と意気込んだ。

 気になる増毛について「1万6000本、僕の毛質に合った人工毛を作ってもらって4000本足してます。ただ、『半年前のは取れてると思ってください』と言われてるので、今残ってるのは多分、200本くらい…」と明かした稲田は、さらなる“改良”を目指し「目が大きく明るく見えるので『マツエク』です。お金もかかるので、ぜひ優勝したいですね」と宣言。すかさず河井から「せなアカンのそこちゃうって。顔の下半分も何とかせぇよ!」と突っ込まれた。

 パワーアップに余念がない稲田だが、ライバルについて聞かれると「後輩ですが『なにわスワンキーズ』のこじまラテ君が、僕の吉本ブサイクランキングを脅かす可能性がある。久しぶりにそういう子が出てきたのでうれしい半面、負けてられないなと思いますね。(漫才で)勝った方が本当のこじまラテだ」と宣戦布告した。

 王者・稲田からライバル視されたこじまラテは「ブサイクランキングで稲田さんは1位ですけど、僕は8位。ちょっと差があるで、まだまだです」と苦笑した。

 同コンテストには、昨年東京に拠点を移した「コマンダンテ」(安田邦祐=34、石井輝明=33)らも参戦。大阪の賞レースを荒らしに来たのかと聞かれた石井は「人聞き悪いなぁ。出れるもんは出ますよ(笑い)。漫才が好きで、東京でも漫才ばっかりしてるので、それを評価してくれる場所があるなら、どこにでも行きたいです」と話した。