川上大輔「多くの人に生の歌を」全国行脚で躍進誓う

2018年02月07日 18時32分

新曲発売イベントを行った川上大輔

 歌手の川上大輔(33)が7日、都内で新曲「パズルを解かないで」の発売記念イベントを行った。

 プラチナボイスと称される声と、端正な顔立ちで人気を集めてきた川上。新曲は、誰もが持っている悩みなどをパズルに例え、本当の自分を知ってしまったら恋が終わってしまうという大人の恋愛を歌っている。

「僕自身こういう大人の恋愛ということをしたことがないですが、ボクも33歳ですし、恋愛はNGじゃないので、大人の恋愛というものをしてみたいですね」

 2013年にデビューして5年がたった。「デビューしたころは5年もいられると思ってなかった」という川上。しかし「いろんなステージやテレビで歌わせてもらってきたけど、まだまだボクを知らない人はたくさんいる」と納得はしていない。だからこそ「今年は47都道府県を自分の足で歌いに行きたい。多くの人に生の歌を聞いてもらいたいですね」と全国行脚で躍進を誓った。