五木ひろし&坂本冬美 前世は夫婦?「間違いないです」

2018年02月07日 17時40分

デュエット曲を初披露した坂本冬美(左)と五木ひろし

 歌手の五木ひろし(69)と坂本冬美(50)が7日、都内で行われた「五木ひろし特別公演 特別出演坂本冬美」(東京・明治座=2月23日~3月29日)の製作発表に出席した。

 五木が座長を務める特別公演は1部が芝居「紺屋と高尾」、2部がコンサートという構成。芝居で坂本がおいらんの高尾太夫を演じることに、五木は「特別出演の坂本冬美ちゃんにぜひ、おいらん、高尾太夫を演じてもらいたい。絶世の美女、高尾太夫を演じてもらいたい。それが一番の望みでした。この数年、本当にキレイになったなと」と絶賛した。

 坂本は「“絶世の美女”と紹介していただき、恐縮でございます。毎晩しっかりパックをして、(五木演じる)久造さんだけではなく、お客様にもひと目ぼれしていただけるように頑張りたいと思います」と笑顔を見せた。

 2人はバレンタインデーに「いきものがかり」の水野良樹が作曲したデュエット曲「ラストダンス」をリリースする。この日、初披露し、五木が「(坂本との)相性はめちゃめちゃいいと思います」と話せば、坂本も「前世は夫婦だったと思います。間違いないです」とうなずいた。