急死・有賀さつきさん カツラ着用しバラエティー出演

2018年02月05日 09時01分

亡くなった有賀さつきさん

 元フジテレビアナウンサーの山村美智アナ(61=フリー)が5日、同局の「とくダネ!」に電話出演し、52歳の若さで亡くなった元同局アナ・有賀さつきさんが、カツラを着用していたことを明かした。

 有賀さんは昨年、同局のバラエティー番組「ネプリーグ」に出演。ショートカットの髪形とほほがこけた顔つきから「激ヤセ」と話題になった。同番組にOGとして一緒に出演した山村アナは電話出演し、有賀さんはカツラを着けていたと明かした。「とにかくやせていた。体は大丈夫なの?と声をかけたが『ダイエットしている』と言っていた。カツラのことを聞いたら『便利ですよ』と明るく答えていた」

 カツラは抗がん剤の副作用ではないかとも考えられるが、元アナウンサーのLINEグループで有賀さんの体調の異変は知られていなかったという。1期上の笠井信輔アナウンサー(54)が有賀さんと同期の八木亜希子アナ(52=フリー)に連絡を取ったところ「メールのやりとりはしていたけど、何も知らされていなかった」と答え、「ショックで何も言えない状況」だという。

 芸能リポーターの前田忠明氏(76)も電話出演。有賀さんの元夫・和田圭氏(65=フジテレビ局員)に連絡を取り、死亡を確認したという。死因が明らかになっていないが、和田氏は「私からは言えない。今日(5日)、親族から発表がある」と告げられたことを明かした。