美人バイオリニスト石川綾子 東スポでサプライズ生演奏

2018年02月03日 16時30分

サプライズで生演奏を披露する石川綾子

“美人バイオリニスト”石川綾子(33)がこのほど、東京・江東区の東京スポーツ新聞社を訪れ、8枚目のアルバム「FIGURE CLASSIC」(2月1日リリース)に収録されている自身のオリジナル曲「BELIEVE」など2曲を編集局でサプライズ生演奏した。

 石川はオーストラリア在住の高校3年生の時に、当地のコンペで優勝し「豪州ナンバーワンバイオリニスト」の称号を獲得。国内では2014年、小林幸子(64)や、きゃりーぱみゅぱみゅ(25)らとライブで共演し、話題になった。清楚な雰囲気からは想像できない激しい演奏スタイルで「デビルズアヤコ」の異名を持つ。編集局内を演奏しながらウオーキングするなど、東スポスタッフを驚かせた。

 今回のアルバムには、開幕が目前に迫った平昌五輪のフィギュアスケート男子・羽生結弦(23=ANA)のショートプログラムの楽曲「バラード第1番」など計7曲を収録。「選手をみんなで応援しましょう!との思いを込めてレコーディングしました。選手たちは頑張ってください」と羽生らメダルが有力視されるフィギュア代表にエールを送った。