恵方巻きに笑えぬチン説 アレととらえる好事家も

2018年02月03日 16時30分

スーパーの恵方巻き売り場

 節分の3日は、今年の「恵方」である南南東を向いて恵方巻きにかぶりつく人も多いだろう。恵方巻きはスーパーやコンビニなどで販売される。2日の夜にも都内のコンビニ各店では恵方巻きを棚に並べていた。しかしながら、近年は批判もつきまとう。ある大手コンビニ店員は「例年、恵方巻きの大量廃棄が出て、小売店には批判の声が集まっている」と話す。

 生もののクリスマスケーキと並び、廃棄処分の代表格のように言われているのだ。そのため「もう恵方巻きをやめよう」という意見もネット上には多く見られる。

 うがった視点を持つ人などは「黒光りする太いものをくわえるいやらしい食べ物」として“恵方巻き批判”を展開する驚くべき現状がある。

 ただし、これを珍説と笑うこともできない。ある男性は「インターネット上の鍵付きフォルダの中にはエロ画像が大量にアップされている。私が見つけたのは、男女の若いカップルが恵方巻きを楽しく食べた後で、女性が男性の性器をくわえているおふざけハメ撮り写真だった。好事家は『恵方巻き=フェラ』ととらえている節がある」と明かすのだ。

 だからといって恵方巻きがダメと判断するのは早計と語るのはアイドルオタク。「恵方巻きはアイドルにとって、こびを売るための大事なイベント。節分の時期のアイドルは恵方巻きにかぶりつく画像をSNSにアップします。フェラを想像させて男性人気を得ようとするあざとい魂胆を恵方巻きにかぶりつく行為で隠してるんです。必死なアイドルのためにも、恵方巻きの文化は続けてあげてほしい」と強く訴えるのだ。

 大量廃棄は非常に問題だが、変わった方向性で恵方巻きは人気のようだ。