歌姫マイリー・サイラスがセクシー路線を復活

2018年02月04日 11時00分

セクシーポーズのサイラス(インスタグラム=@mileycyrus)

 米歌姫マイリー・サイラス(25)が“ハミ乳”ならぬ“ハミ尻”写真を自身のインスタグラムに投稿したことで、近年封印していた“セクシー路線”を復活させたと話題を呼んでいる。米芸能サイト「レーダーオンライン」が報じた。

 上下つなぎになった派手な白のステージ衣装に白のロングブーツというセクシーなファッションで、お尻の下の部分が衣装からはみ出ているのをカメラに向けている写真や、衣装の胸元を大きく開けてカメラに向かってセクシーな表情を見せている写真などを、マイリーは惜しげもなく披露したのだ。

 そのきっかけとなったのが1月28日(米国時間)、ニューヨークで開催された第60回グラミー賞の授賞式。ロック界の大御所エルトン・ジョン(70)と一緒にパフォーマンスを行ったマイリー。その際、ロック界のレジェンドから「彼女のような元気のいい女性アーティストと一緒に歌えるのは光栄」と賛辞を送られたことに刺激を受け、“セクシー路線”を復活させたのではないかと取り沙汰されている。

 マイリーといえば、2013年にステージ上で男性歌手の股間にお尻を押し付けて腰を激しく振る過激なエロパフォーマンスで物議を醸し、オーストラリア出身の人気俳優リアム・ヘムズワース(28)から婚約を解消される騒動があった。

 その後、アーノルド・シュワルツェネッガー(70)の息子パトリック(24)と交際したが、破局。16年にリアムとヨリを戻して再び婚約した。と同時に過激なパフォーマンスも封印してきたが、今回のセクシー路線復活で「リアムとの仲は大丈夫なのか」と関係者は心配し始めているという。