EXILE松本利夫 ドームツアー開催にワクワク「外から見るライブは初めて」

2018年02月02日 17時50分

初日公演を迎えた松本利夫

「EXILE」の松本利夫(42)が2日、東京・港区の品川プリンスホテル クラブeXでワンマンショー「『MATSUぼっち05』―レコード―」の初日公演を迎えた。

 このショーは松本のセルフプロデュースによるシリーズ公演。5回目となる今回は、芝居やダンス、サックスの演奏に挑戦する。

 松本は2015年にEXILEのパフォーマーを引退したが、今でも同グループの一員だ。ところが、世間ではEXILEからも脱退していると誤解されていることから「元EXILE(という報道)はやめていただきたい。まだメンバーです」と苦笑いで報道陣に呼びかけた。

 16年から“活動休止”状態だったEXILEは今年から再始動する。ドームツアーの開催も決まっており、「活動を楽しみにしている」と声を弾ませた松本は「(パフォーマーとしてではなく)外から見るライブは初めて。ソワソワとワクワク」と続けた。

「ライブを見たら、またパフォーマーとしてステージに上がりたくなるのでは」と指摘されると「(そう)思っちゃうのかな。体力的には自信がある」と白い歯を見せた。

 東京公演は12日まで。大阪、新潟、札幌、仙台でも開催する。