史上初!中学生で五段昇格・藤井聡太「地位」と「カネ」

2018年02月02日 16時30分

「中学生五段」もスピード通過か!? 将棋の藤井聡太四段(15)が、1日に東京の将棋会館で指された順位戦・C級2組9回戦で梶浦宏孝四段(22)に勝利。順位戦で1局を残して、9戦全勝でC級1組昇級と中学生初の五段昇段を決めた。藤井新五段は、2月17日に準決勝、決勝が行われる朝日杯で優勝すれば、一気に六段へと昇段する。

 圧巻の終盤だった。自陣の玉が薄くなり、玉の周辺の金、銀という守り駒を取らせながらも、自陣の詰みがないのを読みきった。まさにすさまじい終盤力を披露してみせた。梶浦四段も2枚の金と3枚の銀で固め、必死の抵抗を見せたものの、最後は「詰将棋解答選手権」王者の面目躍如の鮮やかな寄せで快勝した。

 13時間、114手の熱闘を終えた藤井五段は「とてもうれしく思っている」と笑顔を見せながらも「(順位戦の)最終戦が残っているので、そちらを全力でやりたい」と気持ちを引き締めた。

 これまで中学生棋士は加藤一二三・九段(78)、羽生善治竜王、渡辺明棋王、谷川浩司九段がいるが、彼らをもってしても「中学生五段」にはなれなかった。日本将棋連盟によると、C級1組に昇級、五段昇段した最年少記録は、現在の制度と異なるが、加藤九段が1955年4月1日に樹立した15歳3か月で、中学卒業後の記録達成だった。藤井五段は15歳6か月での昇段で、現行制度では最年少記録となった。

 ただでさえ難易度が高い上に、近年はAI(人工知能)の進歩で将棋ソフトを活用する若手棋士が急速に実力を付けており、若手の実力は拮抗している。この日対局した梶浦四段も将来を嘱望される実力派だ。

 羽生竜王は、あるテレビ番組で「羽生さんの15歳のころと(藤井四段を)比べて、どちらが強いか?」と質問されたことがある。そのとき羽生竜王は「圧倒的に藤井君の方が強い」と即答した。若手棋士のレベルが向上している中で、いかに藤井「五段」の実力が飛び抜けているかが分かる。

 あるサイトのプロ棋士の棋士ランキングでは、2月1日現在で162人中、15位(ちなみに羽生竜王は5位)。いつタイトルを取ってもおかしくない位置につけていると言っていいだろう。

 2月17日の朝日杯では準決勝で羽生竜王、勝てば広瀬章人八段・久保利明王将の勝者と優勝を争う。これに優勝すれば、わずか2週間あまりで五段を卒業。史上初の中学生六段の誕生となる。

 ありとあらゆるレコードを塗り替えてきた藤井五段。小学生のころの夢である「名人をこす」に一歩近づき、最大の目標である名人獲得へと力強く前進した。名人への挑戦は順位戦最上位のA級で優勝するのが条件。順位戦は5つのクラスに分かれ、藤井五段は最も下のC級2組から同1組に昇級した。順位戦は約1年間にわたってリーグ戦を行うため、名人挑戦には最速でも5年かかる。

 名人獲得の最年少記録は、谷川九段が1983年に達成した21歳。15歳の藤井五段が最年少名人となる可能性は、十分ある。A級棋士のみがなれる名人まで上るべき階段はあと4つ。藤井五段は「名人は重みのあるタイトル。大きな目標に向かってまい進していきたい」と話している。

 五段となったことで収入面もアップする。

「プロ棋士の収入はタイトル戦で勝ち進めば大きく跳ね上がりますが、ベースは順位戦の対局料で決まる。C級2組から1組に上がることで、1局15万~17万円だった対局料が約5万円ほど上がるといわれています」(将棋関係者)

 トーナメント戦では勝ちあがるほどこの対局料もアップする。昇級により“基本給”がアップするだけに、今年度の対局数や勝数などでランキング1位を突っ走る藤井五段が、快進撃を続ければ、単純に対局数の分だけ収入が増えることになる。

 今後も「史上最年少」の記録を積み重ねることになりそうだ。

【昇段の条件】日本将棋連盟の昇段規定によると、プロ養成機関「奨励会」の三段リーグで優勝か準優勝、もしくは次点2回の者がプロとなる四段に上る。四段の棋士は5通りの条件のいずれかを満たせ五段に昇段。藤井五段はC級1組昇級で実現させた。

 六段昇段にも6通りの条件があり、17日の朝日杯で優勝すると「五段昇段後に全棋士参加棋戦優勝」にあたり、六段へ。藤井五段は三段リーグ、順位戦C級2組とも1期通過のスピード出世で昇段している。