【男子ケイリン】渡辺、脇本ともに敗者復活戦でも敗れ終戦

2016年08月17日 00時07分

【ブラジル・リオデジャネイロ16日発】リオ五輪男子ケイリンで、1回戦第2組で5着に終わった3大会連続出場の渡辺一成(33)は、1着のみが準決勝に進める敗者復活戦の第2組で4着に終わり敗退が決まった。

 

 1回戦第4組で6着に終わった脇本雄太(27)も、敗者復活戦の第3組で惜しくも2着止まりとなり、準決勝に進めなかった。

 

 13日のスプリントでは中川誠一郎(37)が25位に沈んでおり、自転車男子のトラック種目は2大会連続でメダル獲得に失敗した。