【レスリング】グレコ59キロ級・太田忍 キューバ選手に完敗し銀メダル

2016年08月15日 05時58分

悔しそうな表情の太田忍

【ブラジル・リオデジャネイロ14日(日本時間15日)発】レスリング男子グレコローマンスタイル59キロ級決勝で、太田忍(22=ALSOK)はボレロ・モリナ(キューバ)に0―8のテクニカルフォールで敗れ、銀メダルだった。

 

 第1ピリオド、口頭注意を2度受け、相手に有利な体勢からの展開で投げとローリングを食らい6点を与えた。そして第2ピリオドの4分51秒、相手に2点を奪われ規定の点差が開いた。

 

 試合後の太田に笑顔はなく「(日本に)帰ったら、すぐに練習したい」と悔しがった。

 

【プロフィル】おおた・しのぶ 1993年12月28日生まれ。青森県出身。八戸キッズでレスリングを始め、全国少年少女選手権4度優勝など、少年時代から頭角を現す。山口・柳井学園高から日体大。2012年世界ジュニア選手権55キロ級3位。2015年全日本選手権優勝。165センチ。