【競泳】日本「男子400Mメドレーリレー」3位で決勝進出

2016年08月13日 04時57分

男子400メートルメドレーリレーで力強い泳ぎを見せた小関(ロイター)

【ブラジル・リオデジャネイロ12日(日本時間13日)発】競泳の男子400メートルメドレーリレー予選で、日本は、背泳ぎ・入江陵介(26=イトマン東進)、平泳ぎ・小関也朱篤(24=ミキハウス)、バタフライ・藤井拓郎(31=コナミスポーツ)、自由形・中村克(22=イトマン東進)の4人で臨み、3分32秒33の全体3位で決勝に進出した。

 日本は第1泳者の入江が後半追い込み、この組3位で小関にタッチ。小関が2位に上がると、藤井は僅差の3位でアンカーの中村につなぎ、この組2位でフィニッシュした。