【バドミントン】“タカマツ”2連勝で準々決勝進出

2016年08月13日 00時47分

2連勝で準々決勝進出を決めた松友(手前)と高橋(ロイター)

【ブラジル・リオデジャネイロ12日発】バドミントンの女子ダブルス1次リーグで、A組第1シードの“タカマツ”こと高橋礼華(26)、松友美佐紀(24=ともに日本ユニシス)組は、プッティタ、サプシリー組(タイ)に2―0で勝利し、2連勝。1試合を残して同組2位以上が確定し、準々決勝進出が決まった。

 この日の試合では決勝が行われるセンターコートに初めて入り、感触もつかんだ。