【競泳】藤井拓郎 100Mバタフライ予選敗退「修正してリレーにつなげたい」

2016年08月12日 03時20分

【ブラジル・リオデジャネイロ11日(日本時間12日)発】競泳の男子100メートルバタフライ予選が行われ、五輪出場3回目の藤井拓郎(31=コナミスポーツ)は52秒36で全体20位となり、予選で敗退した。

 藤井は「力みもあって、後半ちょっと疲れてしまった。前半の感じは悪くなかったので、修正してリレーにつなげたい」と前を向いた。

 同組には史上最多21個の金メダルを誇るマイケル・フェルプス(31=米国)も出場し、51秒60の全体4位でそつなく準決勝に進んだ。