【サッカー】手倉森監督「この経験が日本サッカー界の財産になる」

2016年08月11日 11時47分

1次リーグ敗退が決まり、肩を落とす日本代表イレブン。左は手倉森監督

【ブラジル・サルバドル10日(日本時間11日)発】サッカー男子の手倉森ジャパンは1次リーグB組最終戦のスウェーデン戦で1―0と勝利したが、2位コロンビアに勝ち点で届かず8強進出を逃した。

 手倉森誠監督(48)の話「(敗退の)運命は受け止めないといけない。目標は断たれたが、この谷間の世代と言われた選手たちが世界で勝ち点をもぎ取れるようになった。そういうことを示せた大会にはなった。目標に到達できなかったのはファンに申し訳ない。ただ出ることも危ぶまれたチームが世界を経験した、これはまさしく日本サッカー界にとっての財産になる。ロシアW杯にこのメンバーが加わっていければと思う」

 主将・MF遠藤航(23=浦和)の話「コロンビア戦同様自分たちからアクションを起こして、入り方は良かった。先制点も取れたし0点に抑えた。突破できなくて残念です。結果が伴わず悔しい気持ちでいっぱい。この経験を絶対に糧にしていかないと。このチームは終わりだけど、個人個人のサッカー人生はこれからあるので、この悔しさを無駄にしないで、成長を続けていかないといけない」