【男子ゴルフ】片山ビックリ!朝5時にドーピング検査

2016年08月04日 16時30分

キャディーのラジーフ氏(左)とともにメダル獲得を誓う片山

 リオ五輪男子ゴルフ日本代表の片山晋呉(43=イーグルポイントGC)が3日、羽田空港から決戦の地へ旅立った。112年ぶりに五輪の正式競技に復帰したゴルフで日の丸を背負う片山は「首にメダルをぶら下げて帰ってきたい。キットカットを持っていく。“きっと勝つ”でね」とダジャレを交えて意気込みを語ったしかし、出発前にはいきなり“五輪の洗礼”も受けた。

 

「昨日朝5時にドーピング(検査)が来た。ピンポンを鳴らされて…」。日本アンチ・ドーピング機構(JADA)の職員が早朝に抜き打ち検査のため自宅を訪問。実はその直前まで友人たちによる壮行会が行われ「帰ったのが3時くらい。すごく酔っ払っていた」といい気分で眠りについたところを叩き起こされたのだからたまらない。「朝5時に何事かと。5時っすよ。たぶんアルコールの数値は出てる」と検査態勢の厳格ぶりに苦笑するしかなかった。

 

 プロゴルファーとしてシーズン真っただ中の五輪参戦には迷いもあった。だが、五輪出場を悩んでいた約2か月前、ふとしたキッカケで97年に他界した父・太平さん(享年53)が抱いていた五輪への思いを知り、出場を決断。出発前には墓参りもした。天国の父を喜ばせるためにも、片山はメダル獲得を目指す。