4連覇目指す吉田沙保里&伊調馨 力強く「金メダル」宣言

2016年07月16日 17時07分

吉田沙保里

 愛知・至学館大のリオデジャネイロ五輪壮行会が16日、名古屋市内で行われた。女子史上初の4連覇を目指す53キロ級・吉田沙保里(33)、58キロ級・伊調馨(32=ALSOK)をはじめ、女子全6階級代表が同大の卒業生もしくは学生。全階級で金メダルが狙えるレスリング女子の名門とあって、1300人が集まり代表選手を激励した。

 吉田は「たくさんの方に集まっていただき、本当にうれしい。感謝の気持ちは金メダルを取って返すしかない。元気、勇気、感動を与えられる試合をしたい」。伊調は「母校の6人で行けるのは心強い。全員で金メダルを目指して頑張りたい」と抱負を語った。