プロレスファンの横浜M・斎藤が新日・棚橋に逆エール

2014年07月09日 16時00分

棚橋に“逆エール”を送った横浜M・斎藤学

 サッカーW杯ブラジル大会の日本代表メンバーだったFW斎藤学(24=横浜M)が、親交のある新日本プロレスの棚橋弘至(37)に“逆エール”を送った。

 

 W杯ではザックジャパンの切り札的存在として期待されたが、1次リーグは3戦とも出番がなく日本の敗退を見届けた。「ブラジルでは悔しい思いをしました。自分を支えていただいた棚橋さんには、G1で頑張ってもらいたいです。どこかで必ず応援に行きます」(斎藤)

 

 現地には出発前に棚橋からもらったメッセージ入りのTシャツを持参。本紙を通じて送られたエールもインターネットを通じて目にしたという。このおかげで出番がなくてもモチベーションを下げることなく、日本代表の一員として最後まで戦い続けることができた。今度は自分の番。お礼も込め、真夏の祭典「G1クライマックス」(21日、札幌で開幕)に出場する棚橋の応援に駆けつける。斎藤にとっても、G1は思い入れのある大会だ。初観戦が棚橋対内藤哲也の優勝決定戦が行われた昨年8月のG1(両国国技館)で、躍動感あふれる棚橋の動きを見て、プロレスの魅力に取りつかれたという。

 

「今年はぜひ優勝してください」。4年後のW杯ロシア大会に向けて始動した斎藤も、まずは12日の天皇杯と15日からのリーグ戦に向けて集中している。