長友激白“ドログバ対策アリ”

2014年06月10日 16時00分

笑顔で練習する長友

【ブラジル・イトゥ9日(日本時間10日)発】冒頭15分以外は非公開となった9日の練習後、日本代表DF長友佑都(27=インテル)が取材に応じ、コートジボワール対策を語った。

 

 ――MFジェルビーニョ(27=ローマ)にはどう対処するか

 

 長友:普段走っているスピードと、ドリブルのスピードが違うし、切り返しもすごい。まずはスペースを与えないこと。1対1で勝ちたいけど、周囲の選手と連動しないと守れない。それを(他の選手にも)伝えていきたい。

 

 ――エースFWドログバ(36=ガラタサライ)には

 

 長友:もちろん考えているけど、ここで話したらドログバの耳に入るので発言は控えます。

 

 ――4年前には0―2で完敗を喫している

 

 長友:何もできなかった。レベル差を痛感したけど、この4年間で間違いなく成長している。その成長を試せるいい機会と思っている。

 

 ――長友選手が日本の攻撃陣の秘密兵器では

 

 長友:え、僕が? もちろんチームとして守って止めたうえで、点を取れればいいが、最高の選手たちがいるので…。

 

 ――左ヒザを痛めている。調整は順調か

 

 長友:この4年間、W杯のためにすべて準備してきた。自分の中にはもう一人の長友佑都がいる。本物が早く試合に出たいと言っている。今の長友佑都は仮の姿。試合の時に、本物が出てきますからね。

 

 ――目標はベスト4だ

 

 長友:いつでも試合になれば負けたくない。常にトップを目指していきたい。