PSV堂安律がドイツ1部ビーレフェルトに電撃移籍 1年間のレンタル移籍

2020年09月04日 08時37分

 オランダ1部PSVアイントホーフェンに所属するMF堂安律(22)がドイツ1部ビーレフェルトに電撃移籍することが濃厚となった。3日のオランダ紙「テレグラフ」(電子版)など欧州各紙が一斉に報じた。期限付き移籍になるもようで、期間は1年とされている。

 堂安は昨年8月にオランダ1部フローニンゲンから移籍金750万ユーロ(約9億4000万円)の5年契約でPSV入り。だが期待されていたほどの活躍はできず、公式戦27試合出場で3得点3アシストに終わっていた。12日に開幕するオランダリーグに向けた3日の練習試合には参加せず、クラブは「移籍交渉を完了させる猶予を与えた」と説明した。

 ビーレフェルトは昨季ドイツ2部で優勝し、今季は12年ぶりに1部に復帰。過去に1部で目立った実績はないが、1980年代にFW尾崎加寿夫が所属し、90年代にはイラン代表として活躍したFWアリ・ダエイもプレーしていた。