自殺未遂の元KARAク・ハラがコメント「心がつらくなっていました」

2019年05月27日 18時28分

「KARA」の元メンバー、ク・ハラ

 26日に自殺未遂で病院に搬送されたガールズグループ「KARA」の元メンバー、ク・ハラ(28)が27日、関係者を通じてコメントを発表した。

 ク・ハラは「皆さま、このたびはご心配おかけして、お騒がせしてしまい大変申し訳ありません」と謝罪した上で「体調は回復してきています。いろいろなことが重なり、心がつらくなってしまいました。本当にごめんなさい」と現在の心境を吐露した。

 最後は「これからは心を強くして、また元気な姿を見ていただけるよう努力します。このたびは本当に申し訳ありませんでした」と復活を誓った。

 ク・ハラは26日未明、韓国・ソウルの自宅で自殺を図り、マネジャーに発見され、病院に搬送されていた。