【天皇賞・秋】競馬界の女神・稲富菜穂がヴィブロス&マカヒキの友道康夫調教師を直撃!

2018年10月22日 13時37分

【天皇賞・秋(日曜=28日、東京芝2000メートル)稲富菜穂のだいじょばないWeb編】伝統の古馬頂上決戦、天皇賞・秋がいよいよ今週末に迫ってきた。天皇、皇后両陛下の前で深々と頭を垂れて最敬礼した2005年ヘヴンリーロマンスの松永幹夫騎手(現調教師)、ウオッカとダイワスカーレットの死闘に湧いた2008年など、これまで様々な感動をもたらしてくれた一戦だが、今年は果たしてどんなドラマが見られるのか。古馬の一流馬が揃って激戦必至の様相となっており、馬券的にも面白いレースになりそうだ。

 そんな中、競馬界の女神・稲富菜穂が直撃したのはヴィブロスとマカヒキのGI馬2頭を出走させる友道康夫調教師。今年いっぱいで引退を表明しているドバイターフ勝ち馬のヴィブロス、前走の札幌記念2着で復活の兆しを見せた一昨年のダービー馬マカヒキと、ともにこのレースに向けて順調に調整が進められている。これまでGI9勝のうち6勝を東京競馬場で獲得している友道調教師だけに、府中での戦いは慣れたもの。今年は牡牝の5歳ディープインパクト産駒2頭が長い直線を盛り上げてくれそうだ(17日撮影)。

 

稲富菜穂ツイッターhttps://twitter.com/inatomi_naho