• 文字サイズ

トップ > 東京スポーツ プロレス大賞

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください


東京スポーツ プロレス大賞


 プロレス大賞は日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東京スポーツ新聞社が1974年(昭和49年)に制定した。
 例年12月中旬に行われる選考委員会で受賞者が決定し、授賞式は翌年1月に都内ホテルで盛大に催される。表彰セレモニー後はパーティーとなり、受賞者に加えて、各団体の選手、関係者が顔を揃え、交流の場となっている。選考委員は本紙の担当記者、カメラマン、各スポーツ紙の担当記者、専門誌編集長、プロレス評論家などが務める。
 受賞者リストを振り返ると、日本プロレス界の歴史そのもの。馬場、猪木のBI時代を経て、「俺たちの時代」鶴田、天龍、藤波、長州らが各賞を獲得。UWF伝説の前田、多団体時代の先駆けとなったFMW・大仁田らが活躍し、三銃士、四天王時代が到来。桜庭のMVPなど格闘技イベントの台頭、そしてフリー選手の団体の枠を飛び越えた大暴れ…プロレス大賞は日本マット史とともに、その歴史を刻んでいる。

年度 MVP 年間最高試合賞 最優秀タッグ
1974 A・猪木 A・猪木vsS・小林 ———————
1975 G・馬場 A・猪木vsB・ロビンソン A・猪木&坂口征二
1976 A・猪木 J・鶴田vsR・木村 坂口征二&S・小林
1977 A・猪木 J・鶴田vsM・マスカラス 該当者なし
1978 A・猪木 J・鶴田vsH・レイス G・馬場&J・鶴田
1979 G・馬場 猪木&馬場vsシン&ブッチャー 該当者なし
1980 A・猪木 馬場&鶴田vsファンクス G・馬場&J・鶴田
1981 A・猪木 G・馬場vsバーン・ガニア A・猪木&藤波辰己
1982 タイガーマスク G・馬場vsS・ハンセン G・馬場&J・鶴田
1983 J・鶴田 藤波辰己vs長州力 J・鶴田&天龍源一郎
1984 J・鶴田 A・猪木vs長州力 該当者なし
1985 藤波辰己 J・鶴田vs長州力 J・鶴田&天龍源一郎
1986 天龍源一郎 藤波辰己vs前田日明 越中詩郎&高田伸彦
1987 天龍源一郎 天龍源一郎vsJ・鶴田 天龍源一郎&阿修羅原
1988 天龍源一郎 天龍源一郎vsS・ハンセン 該当者なし
1989 前田日明 天龍源一郎vsJ・鶴田 J・鶴田&谷津嘉章
1990 大仁田厚 大仁田厚vsT・後藤 武藤敬司&蝶野正洋
1991 J・鶴田 天龍源一郎vsH・ホーガン 三沢光晴&川田利明
1992 高田延彦 S・ハンセンvs川田利明 反選手同盟
1993 天龍源一郎 天龍源一郎vs長州力 三沢光晴&小橋健太
1994 橋本真也 大仁田&後藤vs天龍&原 三沢光晴&小橋健太
1995 武藤敬司 川田&田上vs三沢&小橋 蝶野正洋&天山広吉
1996 小橋健太 高田延彦vs天龍源一郎 蝶野正洋&天山広吉&ヒロ斎藤
1997 蝶野正洋 三沢光晴vs小橋健太 川田利明&田上明
1998 小橋健太 小橋健太vs三沢光晴 S・ハンセン&ベイダー
1999 武藤敬司 武藤敬司vs天龍源一郎 小橋健太&秋山準
2000 桜庭和志 佐々木健介vs川田利明 天山広吉&小島聡
2001 武藤敬司 藤田和之vs永田裕志 邪道&外道
2002 B・サップ 永田裕志vs高山善廣 大谷晋二郎&田中将斗
2003 高山善廣 三沢光晴vs小橋建太 丸藤正道&KENTA
2004 佐々木健介 小橋建太vs秋山準 高山善廣&鈴木みのる
2005 小島聡 小橋建太vs佐々木健介 武藤敬司&曙、日高郁人&藤田ミノル
2006 鈴木みのる 丸藤正道vsKENTA ブードゥー・マーダーズ
2007 三沢光晴 三沢&秋山vs小橋&高山 真壁刀義&矢野通
2008 武藤敬司 丸藤正道vs近藤修司 鈴木みのる&太陽ケア
2009 棚橋弘至 葛西純VS伊東竜二 曙&浜亮太
2010 杉浦貴 プリンス・デヴィット&田口隆祐vs.飯伏幸太&ケニー・オメガ 中西学&ストロングマン
2011 棚橋弘至 小橋建太&武藤敬司vs矢野通&飯塚高史 関本大介&岡林裕二
2012 オカダ・カズチカ オカダ・カズチカvs棚橋弘至 大森隆男&征矢学
2013 オカダ・カズチカ 中邑真輔vs飯伏幸太 マイキー・ニコルス、シェイン・ヘイスト
2014 棚橋弘至 オカダ・カズチカvs中邑真輔 杉浦貴、田中将斗
2015 オカダ・カズチカ オカダ・カズチカvs天龍源一郎 大仁田厚、長与千種
年度 殊勲賞 敢闘賞 技能賞 新人賞 最高殊勲選手
1974 —— S・小林 J・鶴田 藤波辰己 G・馬場
1975 R・木村 大木金太郎 M・井上 —— J・鶴田
1976 坂口征二 R・木村 寺西勇 —— J・鶴田
1977 M・井上
A・浜口
坂口征二 星野勘太郎 —— R・木村
1978 R・木村 キム・ドク 該当者なし —— 藤波辰己
1979 阿修羅原 長州力 藤波辰己 —— A・猪木
1980 藤波辰己 A・浜口 木村健吾 —— G・馬場
1981 天龍源一郎 R・木村 長州力
阿修羅原
—— J・鶴田
1982 藤波辰己 R・木村 タイガーマスク 三沢光晴 A・猪木
1983 G・カブキ 天龍源一郎 前田日明 T・後藤 長州力
1984 天龍源一郎 藤波辰己 スーパータイガー ——
1985 木村健吾 タイガーマスク A・猪木 山田恵一
1986 谷津嘉彰 長州力 J・鶴田 武藤敬司
1987 藤波辰己
木村健吾
藤原喜明 該当者 J・テンタ
1988 藤波辰己 長州力 J・鶴田 馳浩
1989 橋本真也 長州力 藤原喜明 小橋健太
1990 三沢光晴 船木誠勝 天龍源一郎 青柳政司
1991 大仁田厚 蝶野正洋 馳浩 折原昌夫
1992 蝶野正洋 田上明 U・ドラゴン 秋山凖
1993 小橋健太 橋本真也 船木誠勝 新崎人生
大谷晋二郎
1994 T・ライガー 川田利明 小橋健太 山田学 女子プロ大賞
1995 田上明 冬木弘道 安生洋二 田中正人
池田大輔
神取忍
1996 天龍源一郎 田上明 小川良成 近藤有己 井上京子
1997 三沢光晴 ハヤブサ 近藤有己 藤田和之 平成裁恐猛毒
GUREN隊
1998 冬木弘道
武藤敬司
秋山準 永田裕志 金丸義信 神取忍
1999 桜庭和志 小川直也
中西学
永田裕志 丸藤正道 ライオネス
2000 秋山準 川田利明 飯塚高史 力皇猛
鈴木健三
下田美馬
三田英津子
2001 秋山準 永田裕志 菊田早苗 村浜武洋 伊藤薫
2002 高山善廣 蝶野正洋 小島聡 小笠原和彦 中西百重
2003 小橋建太 棚橋弘至 秋山準 中邑真輔 浜田文子
2004 川田利明 天山広吉 鈴木みのる 中嶋勝彦 該当者なし
2005 力皇猛 中嶋勝彦 藤波辰己 該当者なし
2006 丸藤正道 棚橋弘至 CIMA HG 該当者なし
2007 棚橋弘至 森嶋猛 関本大介 B×Bハルク 該当者なし
2008 佐々木健介 田中将斗 鷹木信悟 澤田敦士 該当者なし
2009 杉浦貴 真壁刀義 飯伏幸太 浜亮太 さくらえみ
2010 諏訪魔 小島聡 カズ・ハヤシ 岡林裕二 高橋奈苗
2011 秋山準 永田裕志、望月成晃 KENTA 鈴川真一 愛川ゆず季
2012 森嶋猛 アブドーラ小林 中邑真輔 橋本大地 愛川ゆず季
2013 KENTA 関本大介 吉野正人 竹下幸之介 里村明衣子
2014 石井智宏 大仁田厚 B×Bハルク 赤井沙希 該当者なし
2015 鈴木みのる 岡林裕二 本間朋晃 該当者なし 紫雷イオ

 

 

ピックアップ
【とこなめボート】プレミアムGⅠヤングダービー
1号艇の松田大志郎(福岡)が優勝!

【SMAP解散】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

【共同通信社杯競輪】竹内雄作がビッグレース初制覇
決勝は竹内雄作(28)が逃げ切りで優勝した。


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解に担当記者のコラムを掲載

豊かな感性・ガッツのある方を歓迎します。

お酒にまつわるエピソード、知られざるプライベート秘話を公開!(全8回)

モーニング娘。'16のメンバーがメンバーが日替わりで登場!(全12回)

東スポが報じてきた球界の番長の“足跡”を公開!

これが全面休業からテレビ復帰までの一部始終!

セクシー女優がAV、病気のことなど赤裸々に半生を語り尽くす(全20回)

「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

マイクをペンに持ち替えて、女子アナたちの不仲疑惑、未成年アイドルとの飲酒騒動などを大放出!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回はとこなめボート・プレミアムGI「ヤングダービー」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!

新着フォト
東スポ動画
「ミス東スポ2016」グランプリ決定
注目コンテンツ
開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。