• 文字サイズ

トップ > スポーツ > 相撲 > 【大相撲春場所】宇良に高まる“珍技”への期待

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【大相撲春場所】宇良に高まる“珍技”への期待


琴勇輝(左)を送り出した宇良。勢い余って自身も転落

 大相撲春場所8日目(19日、大阪府立体育会館)、新入幕の宇良(24=木瀬)が幕内琴勇輝(25=佐渡ヶ嶽)を破り、星を4勝4敗の五分に戻した。琴勇輝の強烈な突き押しに何度ものけぞりながら、いなして相手の背後に回り込むと最後は送り出して勝負あり。勢い余って、自らも土俵下に転落した。

 この日、NHKの大相撲中継にゲスト出演したボクシングの元世界3階級制覇王者の長谷川穂積氏(36)が思わず「面白い!」と叫んだ逆転劇。取組後の宇良は「相撲は流れ。体が動いてよかった。(取組中は)相手がどんどん攻めてくる。考えている余裕はない」と熱戦を振り返った。

 身長173センチ、体重128キロ。113キロで入門した当時から増量に取り組んできたが、幕内では2番目に軽量の小兵だ。そんな体格的な“ハンディ”をものともせず、多彩な技で大きい相手を翻弄。1月場所は十両以上では史上初となる「たすき反り」を決めた。この日も30キロ以上も重い琴勇輝に快勝。大阪出身で「ご当所」の今場所は、横綱や大関にも負けない大きな声援を受けている。

 日本相撲協会の八角理事長(53=元横綱北勝海)も「小さい人が大きい人に勝つのは、相撲の醍醐味の一つ」と小兵力士の奮闘に期待している。勝ち越しを決めて幕内に定着すれば、さらに人気がブレークすることは間違いない。宇良は後半戦へ向け「勝ち星をもっと増やしていきたい」。勝ち星のみならず、ファンが期待する“珍技”は飛び出すのか。異能力士から目が離せない。

【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
【ニコ生】アンカツと大島麻衣が桜花賞で激論!
「東スポ@競馬ラボ アンカツ春の予想祭り」を4月8日(土)に配信!

【ウィナーズカップ】“湘南の若大将”郡司浩平がGII初優勝
郡司浩平が第1回覇者に名を刻み、年末の地元平塚グランプリ出場へ前進した。

【解散SMAP、ジャニーズ】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解に担当記者のコラムを掲載

グランプリ3人、特別賞2人が決定!

東スポが報じてきた球界の番長の“足跡”を公開!

波乱に満ちた生い立ちから、クラッシュギャルズの真相などを語る(全15回)

「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回は児島SG「ボートレースクラシック」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
「ミス東スポ2017」グランプリ決定
注目コンテンツ
開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。