• 文字サイズ

トップ > スポーツ > サッカー > 元韓国代表・安貞桓 バラエティー転身しレギュラー4本!

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

元韓国代表・安貞桓 バラエティー転身しレギュラー4本!


安貞桓(アン・ジョンファン)

 サッカー元韓国代表FW安貞桓(アン・ジョンファン=41)が17日に放送されたTBS系「あの時!スゴかった人 ~一流アスリートが驚いたアノ人大追跡~」に出演。現役引退後に驚きの転身を遂げていることを明かした。

 番組は、一流アスリートが驚いた「スゴかった人」のその後を追う追跡バラエティー。安は、FC東京の元日本代表FW大久保嘉人(34)が衝撃を受けた選手として取り上げられ、VTRで登場した。

 安といえば、2002年の日韓W杯決勝トーナメント1回戦で、イタリア相手に決勝ゴールを決めるなど活躍。韓国初のベスト4進出に大きく貢献した。また、イケメン選手として女性ファンの人気も高かった。Jリーグでは02~05年まで清水エスパルスと横浜Fマリノスでプレーしている。

 現役時代と比べ、かなりぽっちゃりした体形で登場。モデルのようだった当時のスタイルではなく、なかなか立派な“メタボ腹”を携えインタビューに応じた。

 まずはその体形変化について質問されると「9キロぐらい増えたかな」と現役時代の71キロから80キロへの“増量”を告白。そして本題の引退後について聞かれると「(引退して)サッカーの解説をしている時に依頼が来て、今はバラエティー番組のMCをやっています」と驚きのタレント転身を明かした。

 実際の映像を確認すると、安は明るい性格と、軽快なトークでスタジオの笑いを取っていた。現在、4本のバラエティー番組にレギュラー出演しているという。収入について「現役時代の半分」と明言は避けたものの、売れっ子であることは間違いないようだ。

 サッカー選手時代の名声にすがらず“異世界”に挑戦することについては「30年以上サッカーだけやってきて、他の世界を知らなかった。毎日新しい世界を経験できますし、この経験は今後の人生に役立つ思う」と胸中を語った。

【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
【GⅢ瑞峰立山賞争奪戦】牛山貴広が記念初優勝
牛山貴広が直線差し切って記念初優勝をつかんだ!

【とこなめGⅡモーターボート大賞】山田康二がGII初制覇!
山田康二が得意のとこなめでイン逃げを決めて優勝を飾った。

【連載】酔っ払った姿がかわいすぎる“飲みカワ”アイドル中村静香
お酒にまつわるエピソード、知られざるプライベート秘話を公開!(全8回)


おすすめコンテンツ
園田FCスプリント(29日、園田競馬場)

出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

グランプリ3人、特別賞2人が決定!

野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

お酒にまつわるエピソード、知られざるプライベート秘話を公開!(全8回)

セクシー女優がAV、病気のことなど赤裸々に半生を語り尽くす(全20回)

波乱に満ちた生い立ちから、クラッシュギャルズの真相などを語る(全15回)

「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回はボートレース鳴門・SG「グランドチャンピオン」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
「ミス東スポ2017」グランプリ決定
注目コンテンツ
開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。