• 文字サイズ

トップ > スポーツ > サッカー > 横浜Mから浦和移籍の榎本 俊輔魂で背番号「25」選ぶ

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

横浜Mから浦和移籍の榎本 俊輔魂で背番号「25」選ぶ


 主力選手の大量流出で揺れるJ1横浜Mから浦和に移籍してきたGK榎本哲也(33)が“俊輔魂”で、さらなるレベルアップを誓った。

 

 下部組織から横浜M一筋だった榎本は、J1磐田に移籍した元日本代表MF中村俊輔(38)と同じく、横浜Mの業務提携先の英シティ・フットボールグループへの不信感もあり、悩んだ末に移籍を決断した。新天地で選んだ背番号は「25」。理由について「人間としてサッカー選手として尊敬している先輩、俊輔さんが最初につけていた番号だったので決めた」と説明した。

 

 もちろん、日本代表GK西川周作(30)という強力なライバルも承知の上。「どんな立場であれ周作と一緒にできるチャンスは、これを逃したらできない。今年34歳になるけど、ちょっとでもうまくなりたい。周作から(技術を)盗んでいきたい」と、やる気をみなぎらせる。山道部長は「実力は折り紙つき」と期待を寄せた。

 

 レギュラー奪取は厳しい状況だが、横浜M時代に多くのシーズンで正GKを務めてきた経験は、西川不在時に頼れる存在になりそうだ。

【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
【GⅠ浜名湖賞】柳沢一が4度目のGⅠ制覇!
柳沢一が2コースからまくりを決めて優勝!

野球探偵の備忘録
野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

【サマーナイトフェスティバル】新田祐大が渡辺一成とワンツー決めて“夜王”戴冠
新田祐大が豪快なまくりで制覇。高松宮記念杯に続くビッグレース連続優勝を決めた。


おすすめコンテンツ
金沢スプリントカップ(7月25日=金沢競馬場)

出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

キアヌ演じる伝説の殺し屋が“1分1殺”以上の勢いで大暴れ

強さと美しさを兼ね備えた女性アスリートに迫る!

お酒にまつわるエピソード、知られざるプライベート秘話を公開!(全8回)

セクシー女優がAV、病気のことなど赤裸々に半生を語り尽くす(全20回)

波乱に満ちた生い立ちから、クラッシュギャルズの真相などを語る(全15回)

「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回は芦屋ボート・プレミアムGIレディースチャンピオンシップ

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
「ミス東スポ2017」グランプリ決定
注目コンテンツ
開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。