• 文字サイズ

トップ > スポーツ > サッカー > なでしこ 佐々木監督だけじゃなく選手間にも亀裂が…

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

なでしこ 佐々木監督だけじゃなく選手間にも亀裂が…
2016年03月06日 06時00分

涙を流す大儀見(左)を励ます宮間

 リオ五輪の切符獲得がほぼ絶望となる受け入れがたい現実。なでしこジャパン主将の宮間は目に涙を浮かべながら「応援してくださってる方に申し訳ない。全てここにかけているので最後までやっていきたい」と話し、残り2試合も指揮を執る佐々木監督はサポーターに向けて「本当に皆さんに申し訳ない。全て僕の責任」と頭を下げた。


 昨年6月のカナダ女子W杯準優勝から約8か月で急激な弱体化。なでしこの大黒柱だった澤穂希さん(37)、正GKの海堀あゆみさん(29)が現役を引退し、同W杯で大活躍したMF宇津木瑠美(27=モンペリエ)が負傷欠場と戦力が低下したことに加え、MF宮間の不振も大きな原因となった。


 もちろん、主力を脅かすような若手が台頭せず、世代交代に失敗したこともあるが、何より深刻だったのは指揮官と選手の関係だ。カナダW杯後には、今回の予選を戦う主力選手が「(佐々木)則夫(監督)が監督を続けるなら、もう代表に行きたくない」と語っている。その時点から回復不能なほど指揮官の求心力は低下していた。


 約8年という異例の長期政権が続くなか、佐々木監督は“おやじギャグ”を封印するなど徐々にスタイルが変化。選手と距離を置くようになり“独裁色”を強めていった。指揮官と選手の間に亀裂があっては、戦術への共通認識を深められるはずはない。


 しかも、鉄壁のチームワークを誇ったイレブンの間にもすきま風が…。エースFW大儀見優季(28=フランクフルト)はこの日の敗戦後に「個人として負けることが何を意味するのか理解していたが、全ての選手が理解していたかといえばそうじゃない」と厳しい口調で語った。選手名こそ挙げなかったが、チームの内部がかなりギクシャクしていることをうかがわせた。


 現実に、五輪予選突破に向けチーム一丸や結束を強調しながら「自分のやるべきことだけやればいいと思う」と自己中心的な姿勢を見せた選手も複数おり、“予兆”はあった。リオへの道がほとんど見えなくなり、なでしこジャパンは空中分解。2011年ドイツ女子W杯で世界の頂点に立ってから5年。一つの時代が終焉を迎えた。

【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
【とこなめボート】プレミアムGⅠヤングダービー
1号艇の松田大志郎(福岡)が優勝!

【SMAP解散】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

【連載】酔っ払った姿がかわいすぎる“飲みカワ”アイドル中村静香
お酒にまつわるエピソード、知られざるプライベート秘話を公開!(全8回)


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解に担当記者のコラムを掲載

ミス東スポ2016グランプリの桜井奈津が参戦!

豊かな感性・ガッツのある方を歓迎します。

初代王者はドルさん!

モーニング娘。'16のメンバーがメンバーが日替わりで登場!(全12回)

東スポが報じてきた球界の番長の“足跡”を公開!

これが全面休業からテレビ復帰までの一部始終!

セクシー女優がAV、病気のことなど赤裸々に半生を語り尽くす(全20回)

「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

マイクをペンに持ち替えて、女子アナたちの不仲疑惑、未成年アイドルとの飲酒騒動などを大放出!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回はとこなめボート・プレミアムGI「ヤングダービー」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!

新着フォト
東スポ動画
「ミス東スポ2016」グランプリ決定
注目コンテンツ
開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。