• 文字サイズ

トップ > スポーツ > その他 > 【マラソン】東京五輪を目指さない“雑草男”川内の本音

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【マラソン】東京五輪を目指さない“雑草男”川内の本音


 これも雑草男らしい決断ということか。8月に行われる陸上の世界選手権(ロンドン)に出場する男女マラソンの日本代表6人が20日、都内でミーティングを行い、川内優輝(30=埼玉県庁)が改めて今大会を日本代表としての集大成とすることを誓った。

 数年前から今回の世界選手権を目指してきたという川内は「ロンドンなら暑さは気にならないし、年齢的にもピークで条件が揃っている。日本代表として燃え尽くすつもりでメダルを目指したい」と意気込んだ。その一方で、2020年東京五輪については「特別な大会なので、暑さに強くて、勝負強さ、スピード、すべてを兼ね備えた選手に頑張ってほしい。現時点で自分にはその自信はない」と考えを変えていない。

 もともと川内は、暑さに弱いと公言している。世界選手権初出場となった11年大邱大会では9月の韓国の猛暑に苦しみ、ゴール後に昏倒。13年モスクワ大会も25度の暑さに対応できず、大邱大会と同じ18位に終わった。好走歴が多いのは、今回の世界選手権選考レースとなった12月の福岡国際マラソンをはじめ、秋や冬のレースだ。

 それだけに、酷暑の中で行われることが確実な東京五輪は不向きな大会。日本陸連の瀬古利彦長距離マラソン強化プロジェクトリーダー(60)から直接、東京五輪を目指すようにラブコールも受けたが「誰もが東京を目指しているわけじゃない」と固辞した。驚異的なペースでレースに出場する独特の調整法は健在で、5月プラハ、6月ストックホルム、7月ゴールドコーストと海外レースに出場する手配は済ませている。独自路線を貫く川内はロンドンで最後の勝負に出る。

【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
【解散SMAP、ジャニーズ】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

【連載】酔っ払った姿がかわいすぎる“飲みカワ”アイドル中村静香
お酒にまつわるエピソード、知られざるプライベート秘話を公開!(全8回)

元フジアナ・長谷川豊「すべてお話ししますがなにか?」
マイクをペンに持ち替えて、女子アナたちの不仲疑惑、未成年アイドルとの飲酒騒動などを大放出!


おすすめコンテンツ
オグリキャップ記念(4月27日・笠松競馬場)

出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

グランプリ3人、特別賞2人が決定!

東スポが報じてきた球界の番長の“足跡”を公開!

波乱に満ちた生い立ちから、クラッシュギャルズの真相などを語る(全15回)

「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回はボートレース津・プレミアムGI「マスターズチャンピオン」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
「ミス東スポ2017」グランプリ決定
注目コンテンツ
開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。