• 文字サイズ

トップ > スポーツ > その他 > 【フィギュア】「世界ジュニア」本田真凜200点超えも涙の2位

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【フィギュア】「世界ジュニア」本田真凜200点超えも涙の2位


【台北18日発】フィギュアスケートの世界ジュニア選手権最終日、女子でショートプログラム(SP)2位の本田真凜(15=大阪・関大中)はフリー2位の133・26点を出し、合計201・61点で2位だった。フリー、合計ともに自己ベストを記録したが、初優勝したジュニアグランプリ(GP)ファイナル女王のアリーナ・ザギトワ(14=ロシア)には及ばず、日本勢初の連覇はならなかった。

 

 はじけるような笑顔も、数分後には悔し涙に変わった。SPに続いてフリーもノーミスの演技。ジュニア勢史上2人目の合計200点超えのスコアをマークしたが、直後の演技でザギトワがジュニア世界歴代最高の合計208・60点をマーク。圧巻の演技の前にすべてがかすんだ。

 

「すごくうれしかったけど、その何分後かにすごく悔しい気持ちになった」と話すと、涙を浮かべた。合計点で10点上積みするという課題はクリアできた。だが大目標の連覇を逃したこと以上に、ライバルの圧倒的な強さにショックを隠しきれなかった。

 

 今大会でジュニアは卒業し、来季からは平昌五輪出場を目指してシニアに転向する。この日の朝には来季の演技の曲目も決めた。「シニアでも今日のようなノーミスの演技ができれば」と前を向いたものの、立ちはだかるロシア勢のレベルの高さを再認識。「オフ中に覚醒したい」という言葉に力を込めた。

 

 坂本花織(16=神戸FSC)がSP、フリーともに3位の合計195・54点で3位に入り、白岩優奈(15=関大KFSC)が合計174・38点で5位だった。

【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
【解散SMAP、ジャニーズ】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

【連載】酔っ払った姿がかわいすぎる“飲みカワ”アイドル中村静香
お酒にまつわるエピソード、知られざるプライベート秘話を公開!(全8回)

元フジアナ・長谷川豊「すべてお話ししますがなにか?」
マイクをペンに持ち替えて、女子アナたちの不仲疑惑、未成年アイドルとの飲酒騒動などを大放出!


おすすめコンテンツ
オグリキャップ記念(4月27日・笠松競馬場)

出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

グランプリ3人、特別賞2人が決定!

東スポが報じてきた球界の番長の“足跡”を公開!

波乱に満ちた生い立ちから、クラッシュギャルズの真相などを語る(全15回)

「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回はボートレース津・プレミアムGI「マスターズチャンピオン」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
「ミス東スポ2017」グランプリ決定
注目コンテンツ
開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。