• 文字サイズ

トップ > スポーツ > その他 > 【柔道】ルール変更で全柔連が海外勢の新技を警戒

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【柔道】ルール変更で全柔連が海外勢の新技を警戒


金野委員長は新ルールの脅威を訴えた

 全日本柔道連盟が、新ルールを利用した外国人選手の新技に警戒を呼びかけた。

 

 16日、都内で強化委員と所属との連携フォーラムが開催された。新ルールについての説明では、3月の国際大会で日本選手が外国人選手に一本負けしたシーンが紹介された。肩越しに背中をつかむクロスグリップから引き落としのように前に叩きつける斬新な技で、敗れた日本選手は「『何があったのか分からなかった』と話していた」(大迫明伸審判副委員長)とキツネにつままれた様子だったという。

 

 旧ルールではクロスグリップは即座に攻撃態勢に入らなければ指導の対象だった。そのため大外刈りなどに移行することが多かったが、新ルールでは反則が緩和されたため、相手の背中を持ちながらも攻撃のタイミングを計ることができる。これをうまく利用した形で、金野潤強化委員長(49)は「(同じ技が)サンボにもあるみたい。理にかなっている」と指摘した。

 

 大迫氏によれば、今後も新たな技が続々と編み出される可能性は高いという。「日本の柔道の指導は形から入る。はい、背負い投げやって、大外刈りやってというふうにね。海外の場合、それは自由。形にこだわらない。相手を投げればいい。発想が豊か」と警鐘を鳴らした。

 

 2月にパリ、デュッセルドルフで行われた国際大会で男女合わせて12階級を制覇した日本勢だが、新技への対策は急務だ。

【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
【浜名湖ボート】 開設64周年記念GⅠ浜名湖賞
注目選手インタビュー、記者の予想など動画コンテンツを配信!

野球探偵の備忘録
野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

【サマーナイトフェスティバル】新田祐大が渡辺一成とワンツー決めて“夜王”戴冠
新田祐大が豪快なまくりで制覇。高松宮記念杯に続くビッグレース連続優勝を決めた。


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

キアヌ演じる伝説の殺し屋が“1分1殺”以上の勢いで大暴れ

強さと美しさを兼ね備えた女性アスリートに迫る!

お酒にまつわるエピソード、知られざるプライベート秘話を公開!(全8回)

セクシー女優がAV、病気のことなど赤裸々に半生を語り尽くす(全20回)

波乱に満ちた生い立ちから、クラッシュギャルズの真相などを語る(全15回)

「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回はボートレースまるがめ・SG「オーシャンカップ」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
「ミス東スポ2017」グランプリ決定
注目コンテンツ
開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。